もんじゃ焼き

もんじゃ焼きのおいしい作り方を研究するなら、やはりまずはプロから作り方を学びましょう。ここは手っ取り早く、もんじゃ焼きのおいしいお店で食べてみることをオススメします。もんじゃ焼きは焼きながら食べるものですから、作り方のうち、少なくとも焼き方はそこで習得することができるでしょう。

サイトトップ > もんじゃ焼きの基本的な作り方

スポンサードリンク

もんじゃ焼き

もんじゃ焼きの基本的な作り方


もんじゃ焼きの作り方の基本は、だいたい以下のようになります。
まず材料は、
・タネ:小麦粉、水(お好みでだし汁)
・調味料:ウスターソース、醤油、うまみ調味料、胡椒など
・具:キャベツ、ネギ、切りイカ、桜エビ、生イカ、ひき肉、ツナ缶、明太子、もち、チーズ、スナック菓子(えびせんやベビースターラーメンなど)など
・トッピング:揚げ玉、青のり、鰹粉など
※トッピング以外はあらかじめ混ぜ合わせておきます。


そして以下のように焼きます。
(1)熱した鉄板に薄くサラダ油をひき、タネの中から具だけを取り出して焼きます。
(2)具に火が通ったら、具で環状の「土手」を築きます。
(3)土手の中央にタネを流し込んで、さらに焼きます(卵を入れる場合はここで投入)。タネがグツグツいってきたら全部をかき混ぜます。
(4)タネのふちがパリパリになってきたら焼き上がり。
(5)焼きあがったもんじゃ焼きは鉄板に薄く広げ、好みで揚げ玉や青のり、鰹粉をまぶします。「かえし(小さいヘラ)」で「おこげ」を剥がしながら食べます。


以上がポピュラーなもんじゃ焼きの作り方ですが、実際はもんじゃ焼きはお店や地域によって若干作り方が違ったりします。また、特に家でもんじゃ焼きを作る場合も、自分の好きな作り方が工夫できますね。


もんじゃ焼きがお好きな方は、自分好みの作り方のお店、もしくは作り方そのものを開発してみてはいかがでしょう。


もんじゃ焼き

MENU



スポンサードリンク